-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今回は、楽天証券海外ETF取扱開始によって、国際株式型の様相も変化がみられました。

これを受けて、現時点での国際株式型のオススメについて再度触れてみたいと思います。

まず、現時点でインターネット取引が可能で運用コスト(信託報酬)が安い投資信託を
考えてみると、基本的に2つの選択肢があると思います。

一つは、過去の記事「国際株式型のオススメファンド」で紹介した日本を除く
世界主要先進国の株式指数を、各国の時価総額をベースに算出した指数、
「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」です。

もう一つの選択肢としては近日、取扱が開始された楽天証券海外ETFでしょう。
 ※2007/08/10追記:
  現在、イー・トレード証券でも海外ETFが取扱われています。
  取扱いラインナップについてはこちらをご覧下さい。

 ※2007/12/02追記:
  イー・トレード証券での住信-STAM グローバル株式インデックス・オープンの取扱いを受けて更新しました。
  
さて、その2つの選択肢を改めてみて見ることにします。

まずは、「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」ですが、
運用コスト(信託報酬)については以下の通りです。
順位名前信託報酬
1位「住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン」0.77%
2位「三菱UFJ 外国株式インデックスファンド」0.8295%
3位「中央三井 外国株式インデックスファンド」0.84%
3位「すみしん 外国株式インデックス・オープン」0.84%
3位「PRU 海外株式マーケット・パフォーマー」0.84%
5位「年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)
愛称:DCインデックス海外株式(ヘッジなし)」
0.882882%

もう一つの選択肢、楽天証券海外ETFについては以下の通りです。
名前信託報酬最低取引単位販売手数料連動指数
iSHARES TRUST-iSHARES
S&P500 INDEX FUND
0.09%10口定額 $31.5(※注1)S&P500(米国)
NASDAQ-100
TRUST, SERIES 1
0.20%10口定額 $31.5(※注1)THE NASDAQ-100 INDEX(米国)
TRACKER FUND
OF HONG KONG
純資産により
0.05%~0.10%
500口~10万円 525円
10万円~100万円 0.525%
100万円~ 5,250円
ハンセン指数(香港)
HANG SENG H-SHARE
INDEX ETF
純資産により
最大1.15%
2005年度2月1日時点0.6%
200口~10万円 525円
10万円~100万円 0.525%
100万円~ 5,250円
ハンセン中国企業指数
(中国本土)
(※注1 1取引1,000株超の場合、1株ごとに2.1セント追加)

「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」楽天証券海外ETF
比較して考えてみると、それぞれメリット・デメリットがありますので、簡単に説明してみたいと思います。

まずは、「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」についてです。
上の表をみていただければ、すぐに理解していただけると思いますが、
「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」は、楽天証券海外ETFに比べ、
運用コスト(信託報酬)が高いのがデメリットと言えるでしょう。
一方で「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」
楽天証券海外ETFと比較して、十分な地域の分散が図れている事がメリットと言えます。
成熟した市場であればある程、大きな下落相場が少ない事を考えれば、
世界の時価総額比率で先進各国の株式市場指数が保有されている
「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」は非常に合理的な
「地域の分散」が図れている
と言えるでしょう。

もう一つの選択肢、楽天証券海外ETFですが、
メリットとして、まず第一に、運用コスト(信託報酬)低コストである事が
あげられます。運用の成果は長期的にみれば、運用コスト(信託報酬)によって
決まるのは、これまで幾度となく述べてきた通りです。
世界の株式市場の時価総額のおおよそ半分を占めるアメリカ主要株式指数S&P500
連動する投資信託(ETF)運用コスト(信託報酬)0.09%で運用できる事が出来る事は
特筆するべき点です。
一方デメリットですが、「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」ほど、
「地域の分散」が図れていない、図り辛いという点があげられます。
仮に、「MSCIコクサイ指数」に連動するような形で「地域の分散」を図ろうとしたとします。
米国、日本は良いのですが、欧州の主要先進国への投資対象が問題となります。
現在までのところ、国際株式型では、欧州の主要先進国を投資対象とした
低コスト投資信託がないのが現状なのです。

もう一点、メリットでもあり、デメリットでもある点を触れておくと、
楽天証券米国ETFですが、1,000口以下の取引については
販売手数料が固定で$31.5となっています。
iSHARES TRUST-iSHARES S&P500 INDEX FUNDを現在の基準価格で考えると、
最低取引単位の10口での購入の場合、販売手数料率はおおよそ2.3%となります。
最低取引単位での取引では、購入時点の販売手数料率は決して安くはありません。
ですが、「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」と比較すると、
運用コスト(信託報酬)におおよそ0.7%程度の差がありますので、
仮に「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」ノーロードだったとしても、
3年保有すれば、トータルコストで「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」
勝る事になります。
つまり、小口の投資であっても、長期投資には有利であると言えます。
とはいえ、最低取引単位の10口での購入でもおおよそ16万円程度(記事掲載時点)ですので、
毎月の定期定額購入はなかなか難しいという人も多いかと思います。一つの手として、
「時間の分散」つまり、購入間隔を広げるという手があります。
毎月ではなく、数ヶ月に一度購入するなどして、「時間の分散」の間隔を広げるのも
一つの手ではないかと思います。

長々と書きましたが、「MSCIコクサイ指数」に連動した「インデックスファンド」
楽天証券海外ETFともにメリット・デメリットがありますので、十分に検討のうえ、
選択をしていただければ良いと思います。

最後に重要な点について触れておきます。
そう遠くないうちに、海外ETFの届出義務の廃止が制定される可能性があります。
今まで海外ETFは届出義務によるコスト負担が大きく、
事実上の参入障壁となっていたとの事です。海外ETFの届出義務の廃止が制定されると、
国内株式市場で海外のETFが買えるようになる可能性があります。


長期投資をお考えであれば、これを待つというのも一つの選択肢でしょう。
スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
(※2007/12/2更新版)
国際債券型の投資信託では何を買ったら良いか?

債券型の投資信託の多くは「分配金重視」であり、
効率的な投資信託が非常に少ないです。
またインデックスファンドの取扱いも多くはありません。

現状の国際債券型の投資環境を考慮すると、

国際債券型を買うのなら、インデックスファンドがオススメです。

国際債券型インデックスファンド信託報酬比較ランキングは以下のようになっています。

前提条件は以下の通りです。
  • モーニングスターにて調査

  • 確定拠出年金(401k)専用投資信託は除いています

  • 最小買付金額が10万円以上の投資信託は除いています


  • 順位名前信託報酬
    1位「住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン」0.672%
    2位「PRU 海外債券マーケット・パフォーマー」0.6825%
    3位「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」0.71%
    4位「中央三井 外国債券インデックスファンド」0.735%

    ※国際債券型のインデックスファンドでもっと安い投資信託を
     ご存知の方はご教授下さい。

    1位の「住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン」は、
    イートレード証券で買う事ができます。

    2位の「PRU 海外債券マーケット・パフォーマー」
    3位の「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」
    共に投信SCノーロード(販売手数料なし)で購入する事ができます。

    また、「PRU 海外債券マーケット・パフォーマー」は、イーバンク銀行でも、
    ノーロード(販売手数料なし)で購入する事ができます。

    ※重要
    信託報酬から考慮すると、一見「PRU 海外債券マーケット・パフォーマー」
    「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」より安くみえますが、決算時の資料をみると、
    「PRU 海外債券マーケット・パフォーマー」保管管理という名目で、
    信託報酬とは別途運用コストが計上されており、実質的な運用コストは、
    「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」の方が実は安価となっています。

    実質的な運用コストは以下からみる事ができます。
  • 「PRU 海外債券マーケット・パフォーマー」

  • 「年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」

  • (※記事更新時、2007/12/02時点では、
      「住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン」の取扱いが開始されたばかりであり、
      直近の決算資料がなく、実質的な運用コストが分かりません。)

    投資信託を購入する上で、保管管理のような固定運用コストとは別に
    年度単位変動的運用コストが計上されている投資信託も中には存在しますので、
    注意が必要です。

    年度単位変動的な運用コストについては、
    以下のサイト「投信評価情報サービス」から投資信託を検索し、
    固定的なコストである信託報酬以外に変動コストについても
    確認するとより良い選択が出来るようになると思います。
    (せっかくお金を預けるのですから、より良い選択をしましょう。)

    投信評価情報サービス

    国際債券型を買うのなら、「住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン」がオススメです。



      にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
    国際株式型の投資信託では何を買ったら良いか?

    なかなか難しいところです。
    国内株式型にはETFや豊富なインデックスファンドが販売されており、
    非常に充実していると言えると思います。

    国際株式型の投資信託ではETFを簡単に購入する事が出来ません。
    日興コーディアル証券大和証券が近年取扱いはじめたものの、
    口座管理料が発生したり、インターネットでの取引ができないなど、
    未だ開かれた投資環境になっているとは言い難い状況です。
     (※日興コーディアル証券の外国ETF)
     (※大和証券の外国ETF)

    追記:
    ※2006年10月19日より楽天証券にて海外ETFのインターネット購入ができるようになりました。
    ラインナップについてはこちら

    現状の国際株式型の投資環境を考慮すると、

    国際株式型を買うのなら、インデックスファンドがオススメです。

    国際株式型のインデックスファンドの信託報酬比較ランキング
    以下のようになっています。

    前提条件は以下の通りです。
  • モーニングスターにて調査

  • 確定拠出年金(401k)専用投資信託は除いています

  • 最小買付金額が10万円以上の投資信託は除いています


  • 順位名前信託報酬
    1位「三菱UFJ 外国株式インデックスファンド」0.8295%
    2位「中央三井 外国株式インデックスファンド」0.84%
    2位「すみしん 外国株式インデックス・オープン」0.84%
    2位「PRU 海外株式マーケット・パフォーマー」0.84%
    5位「MSCIインデックス・セレクト・ファンドコクサイ・ポートフォリオ」0.945%

    ※国際株式型のインデックスファンドでもっと安い投資信託を
     ご存知の方はご教授下さい。

    信託報酬比較ランキングの1位は「三菱UFJ 外国株式インデックスファンド」ですが、
    三菱東京UFJ銀行でしか買う事が出来ず、使い勝手がいま一つです。

    利便性を考慮すると、ソニー銀行でネット購入できる
    「中央三井 外国株式インデックスファンド」がオススメです。

    また、ソニー銀行では国際債券型投資信託のオススメ
    「中央三井 外国債券インデックスファンド」が購入できます。



      にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
    「国内株式型」の投資信託では何を買ったら良いか?

    「国内株式型」に関しては「国際株式型」「国際債券型」に比べると
    よりハッキリしています。

    国内株式型の投資信託を買うのならば、
    一取引の購入金額、投資信託を保持する期間を考慮し、
    TOPIX連動のETF(株価指数連動型投資信託)か、
    TOPIX連動のインデックスファンドを買いましょう。

    日経平均に連動する投資信託は定期的に組入れ銘柄の見直しがあり、
    組入れの際に価格が変動するため、TOPIX連動型の投資信託を
    オススメします。

    ETF、インデックスファンドのどちらを買えば良いかは
    下の月々積立てる金額別の目安表
    を参考にして下さい。


    ETFとは日経平均株価東証株価指数(TOPIX)
    連動することを目的に運用される投資信託の事を言い、
    株の売買のように取引時間中いつでも売買する事ができます。

    通常の投資信託でもインデックスファンドという
    日経平均株価TOPIXなどの市場のものさしとなる
    指数に連動する投資信託はあるのですが、

    ETFの方が信託報酬が安いです。

    TOPIX連動のETFをオススメします。

    ちなみにTOPIX連動型のETFの最小購入単位は現状、
    100口からとなっています。
    つまりTOPIXが1,500ポイントだとすると100口ですので
    最小単位での購入でも15万以上かかってしまいます。
    月々積立てるとしたらこの金額は厳しいですね。

    月々積立てていきたい方はミニ株でETFを購入するか、
    インデックスファンドを購入すると良いでしょう。
    ただし、月々積立てる金額によってどちらがお得になるか
    変わってきますので注意して下さい。

    以下に月々積立てる金額別の目安表を記載しますので参考にして下さい。
    前提条件は以下の通りです。
  • マネックス証券ETFミニ株インデックスファンドを購入すると仮定します。

  • マネックス証券ミニ株は一取引当り販売手数料が500円です。

  • 毎年10%のリターンが得られたと仮定します。


  • 月々積立てる金額別の目安表
    月々積立金額「TOPIX連動型上場投資信託」(ETF)
    信託報酬:0.1155%
    インデックスファンドTSP
    信託報酬:0.5544%
    ¥15,000購入より9年後にインデックスファンドよりお得購入より9年間はETFよりお得
    ¥20,000購入より7年後にインデックスファンドよりお得購入より7年間はETFよりお得
    ¥30,000購入より5年後にインデックスファンドよりお得購入より5年間はETFよりお得
    ¥40,000購入より4年後にインデックスファンドよりお得購入より4年間はETFよりお得
    ¥50,000購入より3年後にインデックスファンドよりお得購入より3年間はETFよりお得
    ¥70,000購入より2年後にインデックスファンドよりお得購入より2年間はETFよりお得
    ¥130,000購入より1年後にインデックスファンドよりお得購入より1年間はETFよりお得

    ミニ株でしたら最小購入単位の1/10で購入できるため、
    最小単位での購入はおおよそ1万5千円程度になります。
    このくらいの金額でしたら月々積立てる事も現実的になってくるかと思います。
    マネックス証券などでETFミニ株が扱われています。

    ちなみにTOPIX連動型、日経平均連動型のETFで信託報酬を比較すると、最も安いETF
    日興アセットマネジメント「上場インデックスファンドTOPIX」で信託報酬0.3924%と
    非常にコストが安いのですが、最低購入単位が1,000口ですので、TOPIXが1,500ポイントでも
    150万からとなってしまいます。ミニ株をつかったとしても
    15万からと月々積立てるには、不向きかと思います。

    次いで信託報酬が安いのは大和証券投資信託委託「ダイワ 上場投信-トピックス」
    野村アセットマネジメント「TOPIX連動型上場投資信託」で信託報酬0.1155%となっています。
    これらのETFは最低単位が100口となっており、通常取引でTOPIXが1,500ポイントの時でも15万、
    ミニ株では1万5千円からと月々積立てするのにも適していますので、

    ETFでは「ダイワ 上場投信-トピックス」「TOPIX連動型上場投資信託」がオススメです。

    また、TOPIXに連動するインデックスファンドの信託報酬の比較ランキング
    以下のようになっています。

    前提条件は以下の通りです。
  • モーニングスターにて調査

  • 確定拠出年金(401k)専用投資信託は除いています

  • 最小買付金額が10万円以上の投資信託は除いています


  • 順位名前信託報酬
    1位「住信-STAM TOPIXインデックス・オープン」0.483%
    2位「トヨタ TOPIXインデックスオープン」0.4935%
    3位「インデックスファンドTSP」0.546%
    4位「JA TOPIXオープン」0.5775%
    5位「りそな・TOPIXオープン」0.63%
    5位「中央三井 日本株式インデックスファンド」0.63%

    インデックスファンドでは「住信-STAM TOPIXインデックス・オープン」
    イー・トレード証券で販売されており、
    使い勝手も良く、オススメです。



      にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。