-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今日はイー・トレード証券住信-STAMインデックスファンドシリーズについて書いていきたいと思います。

もう既にご存知の方も多いと思いますが、2007年11月29日より、
イー・トレード証券にて、住信-STAMインデックスファンドシリーズが販売開始されました。

具体的なラインナップは以下の通りです。

いずれも、ノーロード(販売手数料なし)です。
カテゴリ名前信託報酬
国内株式型「住信-STAM TOPIXインデックス・オープン」0.483%
国際株式型「住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン」0.777%
国内債券型「住信-STAM 国内債券インデックス・オープン」0.462%
国際債券型「住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン」0.672%
国内不動産型「住信-STAM J-REITインデックス・オープン」0.672%
国際不動産型「住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン」0.861%


ご覧いただいて分かる通り、国内型国際型株式債券不動産に連動する
インデックスファンドが同シリーズで全て扱われています。

また、各カテゴリのインデックスファンドを個別にみていっても、
いずれも各カテゴリのインデックスファンドとしては最安クラスの運用コスト(信託報酬)となっています。

この住信-STAMインデックスファンドシリーズが、
イー・トレード証券で扱われたことで、一つの証券口座で一括して資産を管理する事ができます。

今までは、国内株式型国際株式型といった各カテゴリで運用コスト(信託報酬)低コストインデックスファンドで、自身で投資比率を決定し、運用をしようと思うと、
複数の証券口座を開設する事になりがちでした。

私も今まで複数の証券口座投資を行なっていましたが、
実際に運用を行なってみると、管理がなかなか面倒なのです。

また、イー・トレード証券のような、大手ネット証券で取扱われたことに意義があると思います。

そもそも、投資信託以外にも豊富なラインナップが、取扱われていますし、今後、国内株式市場海外ETFが上場し、取扱いが開始された場合でも、そのまま海外ETF投資に移行する事も容易です。

一点、注意したい点は、まだ取扱いが開始されたばかりであり、信託報酬以外の保管管理費等の、個人投資家には、見え辛い運用コストがないか、確認できない事です。(記事掲載時点)

(※これは新規取扱された投資信託すべてにいえることであり、
   この、住信-STAMインデックスファンドシリーズが悪いといっている訳ではありません。
   保管管理費等の隠れた運用コストについてはこちらの記事を参照下さい。)

いずれにしても、長期分散投資を考える個人投資家にとって歓迎すべき取組みであった事は間違いないでしょう。
スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。