-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今回は投資信託選びの鉄則- その1 -

「兎にも角にもコストを重視しよう」

を説明していきたいと思います。

投資信託の良し悪しに大きく影響を与えるのが投資信託の販売、運営に
かかってくる「コスト」です。

投資信託にかかってくる「コスト」には基本的に
「販売手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」があります。

「販売手数料」は投資信託を購入する際にかかる手数料です。
1.5%といったように購入した金額のパーセンテージで
定められているのが一般的です。

「信託報酬」は日々投資信託を運営して算出された「基準価格」
「信託報酬」で示されたパーセンテージ分が投資信託の
運営会社にひかれていきます。
つまり、一般に公示される「基準価格」「信託報酬」
示されたパーセンテージ分のお金がひかれた価格と
なっているということです。

「信託財産留保額」は一般的に投資信託を解約、売却する際に
「基準価格」から「信託財産留保額」分のパーセンテージが
運営会社にひかれるお金の事を言います。

基本的にはこの3種類の「コスト」が投資信託にはかかってきます。
どの「コスト」も投資信託の良し悪しに影響する重要な
チェックポイントなのですが、この中で

最も重視しなくては
ならない「コスト」は「信託報酬」です。

「コスト」を注視して投資信託を選ぶ人の中でも、

「販売手数料」を最重視して投資信託を選ぶ人が結構いますが、
これは誤りです。

繰返しますが、最も重視しなくてはならない「コスト」は「信託報酬」です。

何故、「信託報酬」を最も考慮するべきなのか?
以下の例を考えてみましょう。

名前信託報酬販売手数料
Aファンド3%ノーロード(0%)
Bファンド1%2%

Aファンドは「販売手数料」がなく一見お得にみえます。
Bファンドは「販売手数料」が2%ですが、「信託報酬」
Aファンドに比べて2%低いです。

仮にこの二つのファンドが同じく日経平均に連動した
インデックスファンドだとします。
Aファンド、Bファンドそれぞれ10万ずつ買ったとします。

買った時点でのコストは以下の通りになります。

Aファンド:
 「販売手数料」:0円(0%)
 「リターン」:0円

Bファンド:
 「販売手数料」:2,000円(2%)
 「リターン」:-2,000円

買った時点では当然Bファンドの方がコストがかかっています。

それでは日経平均が2年間とも10%の上昇となった場合、
Aファンド、Bファンドそれぞれのリターンをみてみましょう。


Aファンド:
 「販売手数料」:0%
 「信託報酬」:3%
 「購入時手数料」:0円

 一年目
  100,000円 * 1.07(+7%) = 107,000円
 二年目
  107,000円 * 1.07(+7%) = 114,490円

 トータルリターン +14,490円(通算+14.49%)

Bファンド:
 「販売手数料」:2%(2,000円)
 「信託報酬」:1%
 「購入時手数料」:2,000円

 一年目
  98,000円 * 1.09(+9%) = 106,820円
 二年目
  106,820円 * 1.09(+9%) = 116,433円

 トータルリターン +16,433円(通算+16.43%)

2年間で「信託報酬」が安いBファンドの方が通算で2%もの差をつけました。

この差は運用する期間が長ければ長いほど、影響が大きくなっていく事を覚えておいてください。

ところで、2年間同じリターンなのにどうして
Aファンドは+7%でBファンドは+9%なのでしょう?
すぐにお分かりになると思いますが、

「信託報酬」は運用会社があげた利益(リターン)から
日々ひかれる「コスト」だからです。
つまり日経平均が年間10%だった場合、
運用会社があげた実績(10%)-「信託報酬」のパーセンテージが
ひかれた数字が基準価格となるのです。

「信託報酬」「販売手数料」より重視する理由が
お分かりいただけましたでしょうか?

そもそも投資信託とは中期、もしくは長期間、保持するのに
適した金融商品です。従って

期間が長くなればなるほど、
「信託報酬」の差がじわりじわりと効いてきます。

この点を理解した上で投資信託を選べるようになれば
確実に一歩前進したと言えるでしょう。



スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://assets.blog54.fc2.com/tb.php/4-41d8c2bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。