-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今回は投資信託選びの鉄則 - その3 -

「市場自体が下落した年を含んでいないトータルリターンは参考にしない」

について説明していきたいと思います。

今回は比較的、やさしい内容です。

買いたい投資信託を探す場合、大抵「モーニングスター」という
国内屈指の投資信託情報提供サイトを使います。

そこで投資信託を探す場合の気をつけなければならない
注意点があります。

それは

「トータルリターン」をあてにし過ぎてはならない

という事です。
例えばこの投資信託「インベスコ 店頭・成長株オープン」をみてみましょう。
「インベスコ 店頭・成長株オープン」は、
3年のトータルリターンで2位、5年のトータルリターンで3位と
素晴らしい成績を収めています。
5年間の年平均のトータルリターンは31.6%と
夢のような素晴らしい数字となっています。
数字はもちろん、実際、「インベスコ 店頭・成長株オープン」
優秀なファンドマネージャーが運用する優れたファンドだとは思います。

ですが、この

「インベスコ 店頭・成長株オープン」の優れた成績は
2003年~2005年という大幅な市場全体の上昇時を含んだ、
国内市場全体が上昇時期にあった恵まれた5年での
運用成績でもあるのです。

モーニングスター」で国内市場の5年間のトータルリターンランキングをみる事ができます。

国内市場の5年間のトータルリターンランキングをみると
「グロース」というキーワードがずらずらと並んでいる事がお分かり
いただけるかと思います。

この「グロース」とは「成長」という意味、つまり発展途上の企業に
投資するタイプの投資信託
を指しています。

「グロース型」に投資するタイプの投資信託は、
そもそも値動きの幅が大きいのです。

つまり市場全体が上昇期には「グロース型」
大きくプラスに転じる可能性が高く、
市場全体が下降しているような時期には
大きくマイナスに転じる可能性が高いのです。

ですから、2003年~2005年という大幅な市場全体の上昇時を含んだ
ここ5年のトータルリターンでは上位にランクインされるという訳です。

「グロース型」に言える事は最近、流行のエマージング市場(新興国市場)に投資する、
「BRICS」「インド」「中国」「東欧」などといった地域に投資する投資信託にも
同じような事が言えるかと思います。

これらのエマージング市場へ投資する投資信託は
国内の「グロース型」よりも値動きが荒いですし、リターンに対する、
リスクが高い上に、「コスト」がかなり高く設定されており、
とてもオススメ出来る投資信託にはなっていません。

売れている投資信託と良い投資信託は違うと覚えておいて下さい。

投資信託を選ぶ際には、投資信託選びの鉄則 - その1 -でも述べたように、
何よりもまず「コスト」、そしてその中から「リターン」がよい
投資信託を選んでいくと良いでしょう。

スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://assets.blog54.fc2.com/tb.php/6-d8e6ec2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう」さんというサイトがとても参考になるようなので、リンクを張っておきます。http://assets.blog54.fc2.com/ 1.「兎にも角にもコストを重視しよう」という記事では、信託報酬に着目するべきことを主張されています。 2.「分配重
2006/08/15(火) 19:55:16 | 0431105Aを買いました。(郵政公社の投資信託)
管理人の承認後に表示されます
2008/07/21(月) 16:15:36 |
管理人の承認後に表示されます
2008/09/21(日) 08:36:11 |
管理人の承認後に表示されます
2009/04/14(火) 15:53:27 |
管理人の承認後に表示されます
2009/05/30(土) 12:40:25 |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。