-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今回は「-投資信託-理想的な運用会社」について書いていこうと思います。

前回の記事、投資信託のコストは以前より安くなっている? で、国内の投資信託コスト
規制緩和の影響によって柔軟な取引が可能となり、年々コストが増加傾向にあると書きました。

これは何も日本に限った事ではなく、投資先進国でもあるアメリカにおいても同様の事が言えます。

コストの中でも特に重要となる「信託報酬」に目を向けてみると、
米国の投資信託の「信託報酬」は1974年度にはおおよそ1.10%でした。
ですが、年々コスト高の一途を辿り、2003年度にはおよそ1.38%となりました。
日本と比較すれば、信託報酬割安ですが、それでも年々コスト高傾向にある事は変わりません。

しかし、アメリカには年々コスト高傾向に推移しているのに反して、
年々コスト安となっていく運用会社があります。

ご存知の方も多いかと思いますが、
その運用会社とはアメリカの運用会社で第2位の運用資産を持つ「バンガード」です。
「バンガード」インデックスファンドパイオニアです。

(※ちなみに、第一位は伝説のファンドマネージャー「ピーター・リンチ」が13年間で
 250%と驚異なリターンをあげた「マゼランファンド」の運用会社「フィディリティ」です。)

「バンガード」信託報酬は1974年度にはおおよそ0.70%でした。
「バンガード」の場合、年々信託報酬コスト安方向へ推移し、2005年度時点では実に0.21%です。

実は日本でも「バンガード」投資信託マネックス証券で取扱われています。

マネックス証券で取扱われている「バンガード」投資信託
3種類+1種類(ファンドオブファンズで提供されている)で以下のようになっています。
(※下表の上3つの投資信託は外国籍投資信託であるため、為替手数料が別途かかります。
 米ドル:買い25銭/売り25銭 ユーロ:買い50銭/売り50銭)
(※下表の上3つの信託報酬は2005年度決算期時点のものです。)
 販売手数料実質信託報酬信託財産留保額
(解約時手数料)
バンガード・ト―タル・ストック・
マ―ケット・インデックス・ファンド
なし約0.82%なし
バンガード・スモ―ルキヤツプ・
インデックス・ファンド
約0.86%
バンガード・ウエルズリ―・
インカム・フアンド
約0.87%
トヨタアセット・バンガード
海外株式ファンド
約1.30%


残念な事に表の上3つの投資信託に関しては、マネックス証券
口座管理手数料として0.63%を課しているため、同様の投資信託を日本で買う場合、
アメリカに比べてかなり割高コストでしか買うことができません。

それでも、以前国際株式型のオススメファンド で紹介した国際株式型インデックスファンド
比較しても、同様の水準となっていますから、いかに、信託報酬が安いかお分かりいただけるかと思います。

また、+1で紹介させていただいたトヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
インデックスファンドとしては割高であり、オススメできません。

日本でもアメリカ水準の信託報酬「バンガード」インデックスファンドが買えるようになれば、
個人投資家にとって非常に有益である事は間違いないでしょう。
スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://assets.blog54.fc2.com/tb.php/69-aa72e337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。