-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今回は「-投資信託-ヘッジファンドの投資戦略No.2」について書いていこうと思います。

前回の記事、「-投資信託-ヘッジファンドの投資戦略No.1」で、2004年度時点で
ヘッジファンドに最も多く用いられいてる投資戦略「ロング・ショート型」について説明しました。

今回は、次いで多く用いられている投資戦略「マーケット・ニュートラル型」について
説明してきたいと思います。

実はこの「マーケット・ニュートラル型」は前回の記事で説明した
「ロング・ショート型」と非常に良く似ています。

「マーケット・ニュートラル型」「ロング(買い入れ・売り待ち)」
「ショート(売り入れ・買い待ち)」を使った「投資戦略」なのです。

何が違うのか?

「マーケット・ニュートラル型」は、

ほぼ同額の「ロング(買い入れ・売り待ち)」
「ショート(売り入れ・買い待ち)」を行なう点が「ロング・ショート型」と異なります。

単純に考えてみると、ほぼ同額の「ロング(買い入れ・売り待ち)」
「ショート(売り入れ・買い待ち)」を行なった場合、市場の動向がマイナスになろうとプラスになろうと
同額の「ロング(買い入れ・売り待ち)」「ショート(売り入れ・買い待ち)」を入れているのだから、
損得は限りなく「ゼロ」に近くなるはずです。
「マーケット(市場)・ニュートラル型(中立)」の名前の由来が分かっていただけるかと思います。

この「マーケット・ニュートラル型」ですが、単純に考えただけで
比較的「リスク」が低い事が分かります。

しかし、いつも「損得」がないのならば、「投資」する意味がありません。

一体、どうやって「利益」を追求するのでしょうか?

「マーケット・ニュートラル型」の肝は「銘柄選定」にあります。

「マーケット・ニュートラル型」では、「市場平均」を上回ると判断した「銘柄」を「ロング(買入れ・売り待ち)」に、
そして、「市場平均」を下回ると判断した「銘柄」を「ショート(売り入れ・買い待ち)」とするのです。

この「銘柄選定」が正しければ「市場」が上昇しようが、下落しようが、どちらに傾いても「利益」を得る事ができます。

今回は、「マーケット・ニュートラル型」について説明しました。
次回は、「イベント・ドリブン型」について説明します。

この「マーケット・ニュートラル型」ですが、
現在、国内の「公募投資信託」でも10本以上の取扱があります。
(※「ヘッジファンド」の代表的な「投資戦略」の紹介が終わった後で、
 「ヘッジファンド」「投信戦略」を用いた「公募投資信託」を紹介します。)

モーニングスターでも特集が組まれていましたので、ご参考まで。
絶対収益追求型ファンド~マーケットニュートラルファンド~
スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
コメント
この記事へのコメント
どの記事も詳しいですねぇ。。。
相互リンクにさせてもらえて良かったです。
これからも素晴らしい記事をお願いします。
2006/09/18(月) 02:51:12 | ゆうちゃんパパ | #-[ 編集]
ゆうちゃんパパさん

コメントありがとうございます。

いえ、全く恐縮です。
ヘッジファンドに関しては細かい話をし過ぎてしまうと
キリがないので、概略にとどめてみました。

私も楽しく拝見させていただいております。
2006/09/18(月) 18:14:07 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://assets.blog54.fc2.com/tb.php/72-2c51a85d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。