-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今回は「-投資信託-ヘッジファンドの投資戦略No.4」について書いていこうと思います。

参考:
-投資信託-ヘッジファンドとは?
-投資信託-ヘッジファンドの投資戦略No.1
-投資信託-ヘッジファンドの投資戦略No.2
-投資信託-ヘッジファンドの投資戦略No.3

今回、取上げるヘッジファンド投資戦略ヘッジファンドの名を
広く世に知らせるキッカケともなった人物、ジョージ・ソロスも用いた
「グローバル・マクロ型」についてです。

「グローバル・マクロ型」を短く説明すると、

「世界各国の為替、金利、株式、商品、先物などの様々な市場で
制度や政策などによって発生した市場の不均等や歪みを収益の機会とします。
その際、大きなレバレッジ(借り入れによる自己資産以上の取引)を
かけて、大きな収益を狙います。」


これだけ聞いても良く分かりませんね。

例えば、分かりやすいところで日本のバブル経済が先に述べた「市場の不均等」です。

すごく簡単に日本のバブル経済を考えてみると、
日本のバブル経済では実際の経済状態以上に資産価値が上昇していた訳です。
実態経済から乖離した資産価値になっている訳ですから、
その資産価値は維持できません。
そのうち、維持できないで、バブルが弾けた(資産価値が暴落)、
これが日本のバブル経済でした。

このような状態が、「市場の不均等」です。

この「市場の不均等」を、市場よりも早く見抜き、
大きなレバレッジ(借り入れによる自己資産以上の取引)によって
攻勢をかけるのが、「グローバル・マクロ型」です。

例えばあらかじめ「バブルが弾ける」のが分かっていたら、どうしますか?
あらかじめ分かっていたのなら、借り入れをして大きな金額で取引した方が儲かりますよね。

「市場の不均等」を、市場よりも早く見抜く事が、「グローバル・マクロ型」には必要になります。
「グローバル・マクロ型」では、「情報」が命と言っても良いかも知れません。

ただ、この「グローバル・マクロ型」
「ヘッジファンド」の主流ではありません。
ほんの一部の「ヘッジファンド」が用いる手法です。

現在、「グローバル・マクロ型」「ヘッジファンド」
が用いる代表的投資戦略で4位であると
「-投資信託-ヘッジファンドの投資戦略No.1」で述べましたが、
それは「グローバル・マクロ型」のカテゴリーに含まれる
「グローバル型」という、投資対象流動性が低い(投資環境の整備が不十分な)
新興国市場
投資機会を求める投資戦略のシェアが高いために
第4位の投資戦略となっています。

今回は、「グローバル・マクロ型」について説明しました。
次回は日本で買える「ヘッジファンド」投資戦略を用いた投資信託を紹介したいと思います。

スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://assets.blog54.fc2.com/tb.php/76-b78b0220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
MAN社のヘッジファンドの2006年7月締めのレポートが届きました。なんと元本割れの成績です。ショック!一時は+13%まで上昇したファンドプライスは2006年5月締めのレポートから下降し始め最新のレポートでは-2.98%。どうしたんだ。MAN社?
2006/09/24(日) 22:27:29 | オフショアな海外投資日記~1日3万円の副収入
投資信託に関する情報がわかりやすくまとめてあります。ぜひご参考にしてください。
2006/09/25(月) 09:57:04 | FPによる投資信託入門
管理人の承認後に表示されます
2008/11/26(水) 13:51:36 |
管理人の承認後に表示されます
2008/11/28(金) 11:26:29 |
管理人の承認後に表示されます
2009/05/25(月) 16:35:16 |
管理人の承認後に表示されます
2009/05/27(水) 10:25:43 |
管理人の承認後に表示されます
2009/07/22(水) 22:37:44 |
管理人の承認後に表示されます
2009/07/23(木) 04:49:28 |
管理人の承認後に表示されます
2009/07/26(日) 23:34:28 |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。