-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
今回は次回の「ヘッジファンドの投資戦略を用いる投資信託No.1」に引き続き、
「ヘッジファンドの投資戦略を用いる投資信託No.2」について書いていこうと思います。

前回は「国内株式」に投資する「マーケットニュートラル型」投資戦略を採用した
投資信託を紹介しました。

今回は、「国内籍」ヘッジファンドで用いられる「マーケットニュートラル型」
以外の投資戦略を採用した投資信託を紹介します。

前回と同様、管理人が把握している限りの紹介となります。
また、今回紹介する投資信託を推奨している訳ではありません。
また、前回と同様、シャープレシオの数値が高い順で並び替えてあります。

名前販売手数料信託報酬シャープレシオカテゴリー
スパークス・日本株・ロング・ショートFノーロード2%1.30(3年)ロング・ショート
スパークス・日本株・L&S3.15%2%1.29(3年)ロング・ショート
スパークス・ロング・ショート・ストラテジー3.15%2%1.08(3年)ロング・ショート
アジアファンド・オブ・ファンズ連動型投信2.1%1.053%0.61(1年)マルチストラテジー
ファンズ・オブ・ヘッジファンド
ユナイテッド・マルチ・マネージャー1ノーロード1.6%0.50(5年)グローバルマクロ/グローバル
GS グローバルマーケットストラテジー3.15%1.848%0.38(1年)ロング・ショート
住信 LSオープン3.15%1.6%-0.22(3年)ロング・ショート
アクサ・ローゼンバーグ 日本株式LSファンドノーロード1.833%データなしロング・ショート
PCA 絶対収益追求型ファンド3.675%1.8%データなしロング・ショート
マネックス・フルトン・チャイナ・フォーカス2.1%1.89%データなしロング・ショート


さて、全体を見渡してみると「ロング・ショート型」投資戦略
採用した投資信託が多いのが分かると思います。
また、上位をみてみると「スパークス」というキーワードが並んでいる事が分かります。

この「スパークス」とは、「スパークス・アセット・マネジメント投信」という
独立系の運営会社の事です。投資信託顧問会社としては国内で初めて
JASDAQに上場した事でも知られています。

前回の記事、「ヘッジファンドの投資戦略を用いる投資信託No.1」でも述べましたが、
「絶対収益追求型」投資信託は一概に「コスト」だけで評価できず、
主にシャープレシオで評価するのが良いと書きました。
しかしながら、シャープレシオでの評価はその年ごとの運用実績数値化したもので、
変動的で絶対的な評価にはならないと書きました。

この前提を踏まえた上で評価すれば、現在までのところ、
「スパークス・アセット・マネジメント投信」「ロング・ショート型」投資戦略
用いた投資信託が一定の成果を出している事が分かります。

しかし、前回も述べた通り、トラックレコード(運用結果)が少なく、
またある程度の下落市場でのトラックレコードがないため、評価しきれません。

今後に期待したいところです。

今回は、「ヘッジファンドの投資戦略を用いる投資信託No.2」について書きました。

次回は、「ヘッジファンドの投資戦略を用いる投資信託No.3」として、
国内で買う事が出来るヘッジファンド投資戦略を用いた
「外国籍」投資信託を紹介したいと思います。
スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://assets.blog54.fc2.com/tb.php/78-943b83a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/06/12(金) 12:21:35 |
管理人の承認後に表示されます
2009/07/09(木) 17:15:50 |
管理人の承認後に表示されます
2009/07/11(土) 19:39:21 |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。