-資産運用-消費者に良い投資信託を買おう

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
いよいよ先日、投信スーパーセンターがオープンしました。

当ブログに検索エンジンからアクセスいただいている方の
最近の傾向をみると、いかに投信スーパーセンターに注目している人が多いのか良く分かります。

今回はざっと触ってみて感じた点と、肝心の投資信託の取扱いについて
レポートしてみたいと思います。

ざっと触ってみて気がついた点ですが、検索機能が非常に有難くありません。

販売手数料や、運用コスト(信託報酬)で検索する事が出来ません。

過去の記事でも述べてきましたが、長期的にみた場合に、
運用成果の良し悪いは主に運用コスト(信託報酬)をはじめとした、
コストによって決する場合がほとんどである事を考えると、
検索機能で、販売手数料や、運用コスト(信託報酬)で絞込み検索が
出来ない点は大きなマイナス要因です。

いかんせん、投資信託の取扱いが500本と膨大な数になりますから、
コストによる検索が出来ない点は大きなマイナス要因と言えるでしょう。

また、検索画面でカテゴリー等を入力し、対象となる投資信託の一覧が
表示された際に、販売手数料は表示されますが、運用コスト(信託報酬)
検索対象の投資信託の一覧画面には表示されません。
運用コスト(信託報酬)に関しては、個別に投資信託の詳細説明の画面を開かなければ、
確認する事が出来ないのです。
運用コスト(信託報酬)が投資のよし悪し(リターン)を決する一番大きな要因であるにも関わらず、
投資信託の詳細説明の画面を開かなければ、確認する事が出来ないというのは、
利用者の事をあまり考えていないとしか言いようがありません。

さて、肝心の投資信託の取扱いについてみてみました。

アクティブファンドに注目しても仕方ありませんから、
各カテゴリの低コストインデックスファンドの取扱いをまとめてみます。

まずは国内株式型からみていきますが、国内株式型インデックスファンドに関しては、
多くのネット証券等でノーロードで販売されているのが、今や事実上の標準となっていますから、
ここではノーロードインデックスファンドだけを一覧としてまとめます。

国内株式型ノーロードインデックスファンド
名前信託報酬連動指数
ニッセイTOPIXオープン0.525%TOPIX
朝日ライフ 日経平均ファンド 愛称:にいにいGo0.525%日経225
東京海上日本株TOPIXファンド0.63%TOPIX
日経225ノーロードオープン0.84%日経225


日経平均TOPIXの両株価指数に連動するインデックスファンド
それぞれ1本づつありますから、なんとか及第点といったところでしょうか。
これに関しては良くも悪くもありません。

気になる点としては、ここの表には載せていない部分にありました。
少々驚かされるのが、国内株式型インデックスファンドの多くに販売手数料を課す点です。
国内株式型インデックスファンド販売手数料2%という販売手数料設定
投資信託が何本もありましたから、これには驚かされました。
ネット証券の現状をみれば、これはいくらなんでも、高過ぎます。
大手証券会社の販売サイトでは、やはりこんなものなのでしょうか。

続いて、国際株式型のラインナップについてみていきたいと思います。
ここでもやはり、インデックスファンドについてみていきたいと思います。
なお、運用コスト(信託報酬)の低コストであるものの順に並べてあります。

国際株式型インデックスファンド
名前販売手数料信託報酬連動指数
PRU海外株式マーケット・パフォーマー0.525%0.84%MSCIコクサイ指数
すみしん外国株式インデックス・オープン1.05%0.84%MSCIコクサイ指数
中央三井外国株式インデックスファンド2.1%0.84%MSCIコクサイ指数
年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)
愛称:DCインデックス海外株式(ヘッジなし)
ノーロード0.882%MSCIコクサイ指数
年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジあり)
愛称:DCインデックス海外株式(ヘッジあり)
ノーロード0.882%MSCIコクサイ指数
MSCIインデックス・セレクトFコクサイ2.1%0.945%MSCIコクサイ指数
ドイチェ世界株式F(インデックス連動)B2.1%0.9765%MSCIコクサイ指数
ステートストリート外国株式インデックス2.1%0.9975%MSCIコクサイ指数


今までは、トータルコストを考慮すると、ソニー銀行で取扱われている
中央三井外国株式インデックスファンドが、ネット購入できる
国際株式型インデックスファンドでは最安でした。
しかし、今回の投信スーパーセンターのPRU海外株式マーケット・パフォーマー
国際株式型インデックスファンドではトータルコスト最安という事になります。

ですが、この記事にコメント下さったなおきさんから
PRU海外株式マーケット・パフォーマーでは、「保管管理料」という名目で
信託報酬以外に大きくコストが発生しているとの情報をいただきました。
参考:大和ファンド・コンサルティング投信評価情報サービスより
「保管管理料」信託報酬を加味すると運用コストがおおよそ1.34%程度
かかってしまう事になるようです。
PRU海外株式マーケット・パフォーマーは避けた方が良いかも知れません。

また、年金積立 インデックスファンド海外株式が、
国際株式型インデックスファンドとしてはノーロードで取扱われています。
(NightWalkerさんより情報提供いただきました)
販売手数料信託報酬を考慮したトータルコストでは、一見最安なのですが、
この年金積立 インデックスファンド海外株式PRU海外株式マーケット・パフォーマーと同様、
信託報酬以外の運用コストとして委託手数料保管管理料高コストとなっています。
参考:大和ファンド・コンサルティング投信評価情報サービスより
すみしん外国株式インデックス・オープン比較すると、実質的な運用コスト
1.6倍程度かかっているようですから、こちらも避けた方が良いのではないかと思います。

保管管理料を考慮すると、すみしん外国株式インデックス・オープンが現在のところ、
トータルコスト国際株式型最安インデックスファンドとなるようです。
(ソニー銀行の中央三井外国株式インデックスファンドとほぼ同水準)

続いて国際債券型についてみていきたいと思います。
ここでもやはりインデックスファンドに注目してみていきたいと思います。

国際債券型インデックスファンド
名前販売手数料信託報酬連動指数
PRU海外債券マーケット・パフォーマー0.84%0.6825%シティグループ世界国債インデックス
年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)
愛称:DCインデックス海外債券(ヘッジなし)
ノーロード0.7035%シティグループ世界国債インデックス
年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)
愛称:DCインデックス海外債券(ヘッジあり)
ノーロード0.7035%シティグループ世界国債インデックス
中央三井外国債券インデックスファンド2.10%0.735%シティグループ世界国債インデックス


国際債券型インデックスファンドでも、PRU海外債券マーケット・パフォーマーによって、
国内で販売されている国際債券型インデックスファンド
最安(運用コスト面)投資信託が更新されました。
更に、年金積立 インデックスファンド海外債券によって
トータルコスト面最安インデックスファンドについても更新されました。
(NightWalkerさんより情報提供いただきました)

さきの、国際株式型と同様にこれは評価して良い点です。

主要なカテゴリーで投資信託の取扱いをみてきましたが、いかがでしょうか。

総括してみると、投資信託の検索機能でコストによる検索ができない、
全体としてみた際に500本投資信託の取扱いがあるものの、
ノーロード投資信託が1割にも満たないなど、
利用者の事を考えているとは言い難い面があります。

しかしながら、国際株式型国際債券型最安インデックスファンド
それぞれ扱われている点は評価できます。
国内株式型に関しても、最安ではないものの、
ノーロードインデックスファンドがありますから、
国際分散されたポートフォリオ(有価証券一覧)を
投信スーパーセンターだけで組む事が出来ます。
定期的に買付けを行う場合、管理するのが面倒であったりしますので、
これは利用者からすると有難い点です。

投信スーパーセンターは利益主義的な面が見受けられますが、
取扱われている一部の銘柄には価値があると考えられますので、
上手く利用していただければ良いのではないかと思います。

相互リンクの皆様のサイトでも取上げられていますので、紹介させていただきます。
参考:
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
 投信スーパーセンターのラインナップは…?
rennyの備忘録
 投信スーパーセンター #6

スポンサーサイト
  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
コメント
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
個人的には、利益の源泉が定期収入中心で、期待リターンが低い債券クラスの投資信託については、販売手数料がかかるものはその時点でパスかなぁ (^^ゞ
2006/10/24(火) 23:19:33 | 水瀬 ケンイチ | #THQoKXAA[ 編集]
水瀬さん

コメントありがとうございます。
水瀬さんは投信SCに関して厳しい評価を
されていましたね。

私も国内株式型のインデックスファンドの販売手数料が2%超というのは
いかがなものだろうと思います。
大手証券色が垣間見えました。

水瀬さんが言われる通り、
期待リターンの低い債権型の投資では
よりコストを抑えたいところですね。
2006/10/24(火) 23:55:19 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
PRU海外株式マーケット・パフォーマーについてですが、このファンド、保管管理費用が高いです。

http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/54313013.html

長期のパフォーマンスでも、中央三井外国株式インデックスに劣っているようです。
2006/10/25(水) 16:29:10 | なおき | #-[ 編集]
なおきさん

ご指摘いただきまして、ありがとうございます。
大変参考になりました。
信託報酬以外のコストはそう気にする程、
かかるコストではないと思っていましたが、
PRU海外株式マーケット・パフォーマーの保管管理費用には驚きました。

早速、記事に反映させていただきました。
2006/10/25(水) 17:34:49 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
あえてこの投信センターで購入しようとは思いませんでした。あくまでも大手証券(日興)の販売手数料目当てがみえみえで、利用者第一とは考えにくいです。500本すべてノーロードファンドなら魅力ですが・・・。
2006/10/26(木) 06:57:56 | 大和 | #-[ 編集]
大和さん

コメントありがとうございます。

そうですね。既に低コストな投資信託で投資をされている方からすれば、
あえて投信スーパーセンターに乗り換えるには少し動機が弱い気がしますね。

大和さんが言われるように、
販売手数料がやはり目につきますね。
私もやはり大手証券色を感じました。
2006/10/26(木) 10:04:06 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
私としては口座を増やすのが嫌なのでパスですね。--;
三井中央シリーズでいいやぁ。。と思いました。
サイトも使いにくいですしね。

PS:話はかわるのですが、相互リンクお願いできませんでしょうか?
2006/10/27(金) 13:14:44 | にじ@Ray | #-[ 編集]
にじ@Rayさん

コメントありがとうございます。

中央三井のインデックスファンドを既に
保有されているのであれば、
投信スーパーに乗り換えるだけの
メリットに欠きますよね。

相互リンクの件、了解しました。
今後とも、よろしくお願いします。
2006/10/27(金) 13:46:51 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
素早い対応恐れ入ります。
こちらも完了しました。

投信SCも結局は数集めました的なもので投資家のためを思った品揃えではないですね。

結局カモにならないためには勉強するしかないってことですね^^;
2006/10/27(金) 14:43:31 | にじ@Ray | #-[ 編集]
こんばんは。

年金積立 インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)(ノーロード&信託報酬0.882%)



年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)(ノーロード&信託報酬0.7035%)

は、いかがでしょうか?ともに投信スーパーセンター専用のようなんですが、私にはこのファンドが目玉商品に見えました。
2006/10/29(日) 00:12:42 | Nightwalker | #l7mty1OU[ 編集]
Nightwalkerさん

コメントありがとうございます。

年金積立インデックスファンド海外株式、年金積立インデックスファンド海外株式ですが、
DCとの記載から一般では購入できないものと思い込んで、確認をしていませんでしたが、
信託報酬から考えてみると、一般用の投資信託の価格帯ですね。

すっかり見落としていました。
有益な情報ありがとうございます。

早速、記事に反映させていただきました。
2006/10/29(日) 00:31:19 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
こんばんは。またコメントします。

年金積立インデックスファンド海外株式、一見良さそうに見えますが、このファンドたぶん余計なコストが取られていると思います。

投信スーパーセンターに書かれている累積リターンが、すみしんや中央三井に比べて大きく劣っています。しかも、6か月、1年、3年と長期になるにつれ、リターンの差がどんどん広がっていっています。これは明らかにコストの差によるものでしょう。
2006/10/29(日) 02:21:45 | なおき | #-[ 編集]
年金積立インデ外債(ヘッジなし)
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/54314013.html

PRU海外債券
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/54314013.html

直近決算日の信託コストは年金積立の方が低いみたいです。過去の分はわかりませんが。
インデックスファンドなのでどちらかといえばトラッキングエラーなどで優劣を判断すべきではないでしょうか。

2006/10/29(日) 03:35:36 | w3zero7 | #-[ 編集]
assetsさん、こんにちは。
この記事を読んで「投信スーパーセンター」なるものを勉強できました。ありがとうございます。
販売会社ですから、何らかの報酬を取るのは当たり前とは言え、随所に日興らしさが見えますね。。。。
サイトも相当お金をかけて作っているようですが、【販売】することに力が入っていて、利用者目線からの【売れ筋】などの視点が足りませんね。
2006/10/29(日) 12:24:26 | ゆうちゃんパパ | #-[ 編集]
w3zero7さん、リンクが違うところにいっていました。

それなので、自分でコスト調べてみました。

年金積立インデ外株(ヘッジなし)
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/0231C01A.html

年金積立インデ外債(ヘッジなし)
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/0231E01A.html

やっぱり、外株のほうには余計なコストが掛かっていました。

一方、外債のほうはw3zero7さんのおっしゃっているようにコスト安いです。
2006/10/29(日) 12:26:11 | なおき | #-[ 編集]
なおきさま
ありゃ、リンクミスってましたか。
すいません&フォローありがとうございます。
2006/10/29(日) 13:21:44 | w3zero7 | #-[ 編集]
PRU海外債券と年金積立をちょっと比較してみました。
URLは下です
2006/10/29(日) 15:03:46 | w3zero7 | #-[ 編集]
なおきさん、w3zero7さん

コメントありがとうございます。
また、色々とご指摘、情報いただきまして、
ありがとうございます。
今回の件で、保管管理料等、信託報酬以外の
運用コストも考慮する必要性を感じさせられました。

また、記事の方も修正させていただきたいと思います。

尚、トラッキングエラーなどで優劣を判断すべきとの、
指摘をw3zero7さんからいただきましたが、
トラッキングエラーはどうしても定量的分析による相対的なものとなってしまいます。

本ブログでは、トラッキングエラーの発生要因の主な要因の一つである、
運用コストを重視して考えたいと思います。
2006/10/29(日) 19:48:09 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
ゆうちゃんパパさん

コメントありがとうございます。
少しでもお役にたてたなら、幸いです。

私も読者の方に色々と教えていただいている次第です。
今回の投信SCの件では本当に勉強させていただきました。

ゆうちゃんパパさんが言われるとおり、
販売する事に力が入っているのは間違いなさそうですね。
2006/10/29(日) 19:59:52 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/02(木) 21:00:10 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございます。

PRU海外株式マーケット・パフォーマーの
保管管理料について販売会社に問合せたとの事ですが、
運用会社つまり、プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン
(http://www.pru.co.jp/)に問合せてみると良いと思います。

保管管理料は、販売会社が課すコストではありません。
(販売会社が設定するコストは基本的に販売手数料のみです。)
ですから、販売会社によって保管管理料が異なるという事はありません。

保管管理料や、委託手数料といった名目のコストは
信託報酬のように定率で定められているコストとは違いますから、
決算ごとに金額が異なります。

もし、直接、開示資料から確認されたいようでしたら、
前回決算時の運用報告書を送付していただくと良いと思います。

以下、参考にどうぞ。

大和ファンド・コンサルティング投信評価情報サービスより

http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/54313013.html
2006/11/02(木) 22:07:15 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
管理人さまありがとう
プルデンシャルにも管理手数料について問いただしましたが電話で応答した方は<信託報酬のみコストがかかる>といった言い方でした。

とにかく、管理手数料も含めたトータルで選ばなければならないということを知ることができてこちらに非常に感謝いたします。
2006/11/08(水) 15:54:07 | 焼きマシュマロ | #iWfHidvU[ 編集]
焼きマシュマロさん

コメントありがとうございます。

お役に立てたようでしたら、幸いです。

私も今まであまり信託報酬以外の運用コスト(保管管理料、委託手数料など)は
あまり気にかけていなかったのですが、決算資料等で投資信託を確認してみると、
投資信託によっては信託報酬以外にコストが相当かかっているような投資信託もあるようです。

信託報酬以外の運用コストは一定率のコストではなく、決算ごとに異なる運用コストなのですが、
あまり多大にコストがかかっているような
投資信託であれば、避けた方が懸命かも知れません。

私見では、信託報酬以外の運用コストが高い投資信託は、
ある意味、個人投資家を欺いており、
信頼性、透明性に欠くと思います。
2006/11/08(水) 16:48:09 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
PRUからの返事
さらに詳しくプルデンシャル・インベストメントに問合せ致しましたところ、

⇒保管管理 67円
上記〔保管管理〕は海外の株式・債券に投資する形となりますので海外の受託銀行に株式、債券を保管してもらう際に必要となってくる費用とのことです。その他の委託手数料、有取税に関しましても、海外の株式を売買する際に必要となってくる費用とのことです。これらの費用は受益者の負担となり投資信託財産中から支払います。
また、基準価格はこれらの費用を差し引いた上でのものとなりま
す。

※海外の商品に必要となるコストということですね。やっと理解できました。
2006/11/08(水) 20:30:51 | 焼きマシュマロ | #iWfHidvU[ 編集]
焼きマシュマロさん

コメントありがとうございます。

保管管理料等、信託報酬以外のコストについて
回答をもらったのですね。
情報ありがとうございます。

プルデンシャルの言っている事は分かるのですが、
すみしん外国株式インデックス・オープンや、
ソニー銀行の中央三井外国株式インデックスファンドには
信託報酬以外のコストがほとんどかかっていませんから、
少々腑に落ちません。
運用方法に差があるのでしょうか。。
2006/11/08(水) 22:21:28 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
TBさせていただきました。
assetsさん。どうも!
オフショア生保ネタでTBさせていただきました。
また海外ネタで申し訳ございません。
時間がある時にでも寄ってください。
よろしくお願いします。
※上海蟹ネタもかなり充実してきました。笑
2006/11/10(金) 18:56:44 | スマイリー | #TMk8PTho[ 編集]
すみしん外国株式インデックス・オープンですが、直近で分配金を200円も出しています。
再投資の際にかかる税金をコストをして考慮すると、すみしんにはあまり優位性はないように思います。
2006/11/17(金) 02:19:39 | よし | #-[ 編集]
よしさん

コメントありがとうございます。

分配金の件ですが、指数連動型であるため、
連動先の指数を上回っているような場合に
分配金にて調整を行うケースもあるかと思います。

連動先の指数を上回る、下回るは別にして、
指数との乖離(トラッキングエラー)は
少ない方が運用が上手だと言えると思います。

そういった意味では、すみしん外国株式インデックス・オープンより、
中央三井外国株式インデックスの方が優れているのかも知れません。

ですが、両ファンドとも、現在、国内で取扱われている
MSCIコクサイ指数連動型インデックスファンドのラインナップの中では、
低運用コストであり、両ファンドともに投資価値があるものと思います。
2006/11/17(金) 13:24:08 | assets | #YdDkysYI[ 編集]
国際債権型インデックスファンド について教えて下さい。
いつも勉強させて頂いております。現在投資信託を検討中のマイペースと申します。
国際株式型インデックスファンド については、信託報酬以外の費用がかかる為、PRU海外株式マーケット・パフォーマーや年金積立 インデックスファンド海外株式は中央三井外国株式インデックスファンドにコスト面で見劣りするようですが、国際債券型インデックスファンドについても同様に、PRU海外債券マーケット・パフォーマー(日興SCで購入)や年金積立 インデックスファンド海外債券は信託報酬以外の費用がかかる為、中央三井外国債券インデックスファンド(ソニー銀行で購入)にコスト面で見劣りしてしますのでしょうか?
長文で申し訳ありませんが、教えていただければ幸いです。
2007/01/22(月) 00:55:27 | マイペース | #-[ 編集]
マイペースさん

コメントありがとうございます。

直近の決算を見る限り、
PRU海外債券マーケット・パフォーマー、
年金積立 インデックスファンド海外債券ともに
信託報酬以外の運用コストを含めて考慮しても、
中央三井外国債券インデックスファンドより運用コスト面で有利なようです。

以下、ご参考まで。

年金積立 インデックスファンド海外債券
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/0231E01A.html
PRU海外債券マーケット・パフォーマー
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/54314013.html
中央三井外国債券インデックスファンド
http://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/81312012.html
2007/01/22(月) 09:58:41 | assets | #JyN/eAqk[ 編集]
国際債権型インデックスファンド について
assetsさん返信ありがとうございます。
参考サイトを拝見すると各費用合計は、年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし):106円 、PRU海外債券:112円 、中央三井外国債券インデックスファンド :116円 であり、販売手数料も考慮すると、さらに年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)とPRU海外債券の中央三井外国債券インデックスファンド に対する優位性は高いのかなと感じました。結果として、年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)をコツコツと積み立てようかなと考えております。ところで、『年金積立』という言葉が入っておりますがこれは他とは異なるのでしょうか?取引等をする上で、なんらかの制約がかかるようであれば教えていただきたいのですが・・。このサイトを、拝見するまで年金積立やDCという言葉が入っている投資信託は購入できないと思っていました^^;是非是非ご教授いただければと思います。よろしくお願いします。
2007/01/23(火) 23:33:58 | マイペース | #-[ 編集]
マイペースさん

コメントありがとうございます。

基本的にDCや年金というキーワードがつくものは確定拠出年金専用の投資信託なのですが、
こちらの年金積立 インデックスファンドに関しては例外のようです。
(元々、確定拠出年金専用だった投資信託を一般扱いでも購入できるようにしたのかも知れません。)

取引する上で制約等も特になく、
通常の投資信託と同様に取引ができると思います。
2007/01/24(水) 09:50:37 | assets | #JyN/eAqk[ 編集]
返事が遅れスイマセン。

とても参考になるコメントをありがとうございます。これからもこのブログで勉強させていただきます。m(__)m
2007/01/26(金) 23:43:45 | マイペース | #-[ 編集]
日興コーディアルグループについて
いつもお世話になってます。
是非お聞きしたいことがあるのですが、、

日興コーディアルグループが大変な事になってるみたいですけど、独自に扱っている『年金積立 インデックスファンド海外債券』等の投資信託には影響が出てくるのでしょうか?
購入を控える人が出るだけで無く、解約とかも進むんでしょうかね・・。
口座開設手続きは済んだのですが、どうしたら良いのかなーっと悩み中です。
ご意見頂戴できたら幸いです。
よろしくお願いします。
2007/02/12(月) 23:29:13 | マイペース | #-[ 編集]
マイペースさん

コメントありがとうございます。

日興コーディアルグループの不正会計問題に関してですが、
気にされている方は少なくないようですね。

最近、読者の方から問合せいただいたばかりです。

まず、分かりやすいところから
影響をみてみるために、
「インデックスファンドTSP」(TOPIX連動投信)と、
TOPIXの値動きを比較してみると、
日興コーディアルグループの不正会計問題の
影響はほぼないようにみえます。

参考:http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=&k=c3&t=1y&s=02311862&l=on&a=&p=&z=m&q=l&y=on

とはいえ、未だ上場廃止問題等ありますから、
影響度は計り切れない部分もあると思います。

この問題に関しては、断定的な事は言えませんが、
ファンドの運用に大きな影響をきたす程の
インパクトまでいかないのではないかと
個人的には思っています。

投資信託の運用に大きな影響をきたす程のインパクトであれば、
日興コーディアルグループ全体が
危ないのではないでしょうか。

マイペースさんがまだ投資信託の
購入をしていないのであれば、
『年金積立 インデックスファンド海外債券』と同様の性質の投資信託に
乗換えるというのもありかも知れませんね。

幸いな事に、代替手段として、
ソニー銀行の「中央三井外国債券インデックスファンド」等もありますから、
よくよく考えてみて下さい。

投資の原則に
「分からないものに手をださない」
という言葉もありますから、
自身が納得できる投資信託を
購入していただくのが一番良いかと思います。

危うきには近付かないというのも
リスク管理の一つではないかと思います。
2007/02/13(火) 10:03:34 | assets | #JyN/eAqk[ 編集]
お返事ありがとうございます。
確かに先のわからないものに手を出さないというのはごもっともですね。
いい商品だなと思っており、口座開設も済んだだけに残念ではありますが。
問題が解決することを見守りつつ、再検討させていただきます(長引くのかな・・)。
ご意見頂戴しまして、どうもありがとうございました。
2007/02/14(水) 00:14:14 | マイペース | #-[ 編集]
はじめまして。最近投資信託に興味を持ち始め、少しずつ勉強しているところです。あまりに手数料などのコストに無頓着だったので、ショックを受けています。
今現在SBIインド&ベトナムファンドを持っており、最近SGアラブ株式ファンドを新規注文したところです。今ならこんなコストのかかるのは慎重に考え購入しなかったと思いますが、ミーハー的に買ってしまいました。
気を取り直して、これからは長期投資(10年以上)を考えようと思っています。そこで質問ですが、①毎月積立にするべきか、ある程度の金額1本で買うべきか迷っています。
②毎月積立するなら月1万円もしくは2~3万にしたいと思います。
その場合どのようなものがいいでしょうか? 1万円ならインデックスファンドTSPかな?と思いつつ、
これから日本株式もちょっとずつ増やすつもりなので、それなら国際債券もしくは国際株式の方を選んだほうがいいのでは?と考えて迷っています。2~3万ではどのような組み合わせがいいでしょうか?
出来ればイートレード1本でまとめて投資したいと思っています。色々すると管理が大変そうなので・・・・

まだまだ勉強不足でわからないことだらけですが、少しずつ勉強していきたいと思っていますので、アドバイスをお願いします。
2008/01/30(水) 01:00:51 | yamato | #-[ 編集]
yamato さん

コメントありがとうございます。

私も投資を始めたきっかけはミーハー的な購入から始まりました。
みんな、始めは似たり寄ったりではないでしょうか。

投資の間隔について、ご質問いただきましたが、
10年以上、投資する上では、
毎月積立するのも、数ヶ月に一回程度でも、
ほとんど差はないと考えて良いと思います。

投資間隔が短い方が、短期的な期間を抽出して、評価した場合、
ボラティリティ(値幅)が小さいので、
心理的な負荷が少ないと思います。
(心理的な負荷っていうのは、長期投資するうえで、非常に重要です)

組合せに関してですが、
特定の資産に偏らないようにする事が重要です。

yamatoさんは、10年以上の長期投資で考えているようですので、
株式の比率は高めで良いと思いますが、
ご自身のリスク許容度を勘案して、
アセットアロケーションを考えられると良いと思います。

イートレードは住信STAMシリーズが
あるので、オススメです。

以下、参考まで

http://assets.blog54.fc2.com/blog-entry-99.html
2008/01/31(木) 01:10:34 | assets | #JyN/eAqk[ 編集]
アドバイスありがとうございます。

住信の投資信託早速検討させていただきます♪配分はかたよらないように考えたいと思います。

ただ、長期投資は短期の状況をそれほど気にしなくてもよいと思うのですが、今のような相場環境で、積立投信を始めるには、小心ものの私はやっぱり勇気が入ります。

ですが、まずは1万円から始めてみようと思っております。

あともう一つ、分配金を受け取るタイプの投資信託について教えて下さい。受け取った分配金は、複利効果を出すために、その分配金分で再度自分で買い増しした方がいいのでしょうか? それとも分配金で違う投資信託を購入した方がいいのでしょうか? 
具体的には私の持っているSBIインド&ベトナムファンドで分配金を受け取ったのですが、手数料が高いので分配金で再度購入すべきか、分配金は別のものにチャレンジしたほうがいいのかわからず、そのまま手元に置いています。

初歩的な質問ばかりだと思いますが、アドバイスをしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

2008/02/01(金) 00:40:49 | yamato | #-[ 編集]
yamatoさん

分配金に関して言えば、長期投資の観点では、
再投資(自動的に再投資される事)が一般的に良いとされています。

再投資のメリットは、分配金が1万円に
満たないような小額であっても、文字通り再投資出来る事です。
また、再投資の場合、販売手数料がかかりません。これもメリットの一つです。

分配金を受取った場合、
分配金が1万円に満たないと、
その分配金単独ではまた再度、投資することが出来ません。
また、一度分配金を受取ってしまえば、
再度、投資をする際に販売手数料がかかります。

yamatoさんの場合、一度分配金を受取っていますから、
自身が買付けしたい投資信託を再度購入すれば良いのではないでしょうか。

ご存知かも知れませんが、イートレードでは、口数買付けの場合は、
分配金は受取となります。金額買付け、もしくは積立の場合は、
分配金は再投資となります。
2008/02/02(土) 00:55:11 | assets | #JyN/eAqk[ 編集]
アドバイスありがとうございました。イートレードの買い付けの仕方で分配金の受け取り方法が違うことを初めて知りました!
参考になりました。
これからもよろしくお願いします。
ありがとうございました。
2008/02/03(日) 22:51:57 | yamato | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://assets.blog54.fc2.com/tb.php/90-901e4932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
私が保有している海外生命保険ファンド。Zenith(一括型)FPI(Friends Provident Internaitional)香港の金融ブローカーGRANDTAGさんで購入できます。日本語対応。親切丁寧。全く同じファンドが月々の積立型で購入できる商品Premierもあります。●海外生命保険ファンド....
2006/11/10(金) 18:53:22 | オフショアな海外投資日記~1日3万円の副収入
今日、マネックス証券から電話がかかってきました。何事かと思いましたが、現在積立をしている投資信託の三菱UFJグローバルスターオープンが来年の1月で償還になるけど、今月も買い付けをするか?とゆう連絡でした。帰って
2006/12/25(月) 09:37:02 | 株をはじめる前に読むブログ
さて今日、一つ目の口座開設完了通知が届きました。投信スーパーセンターです。 ここ
2007/05/26(土) 21:47:46 | 20歳からの投信による資産形成
さて、具体的ファンドの検討に入ります。とりあえず、私が口座を開いたところで取り扱
2007/05/30(水) 16:19:24 | 20歳からの投信による資産形成
販売会社別で最も低コストのインデックスファンドを一覧にしてみました。●[http://www.toshin-sc.com/ 投信スーパーセンター](積立購入可) (1)日本株インデックスファンド   ・[http://www.nam.co.jp/fundinfo/nto/main.html ニッセイ TOPIXオープン]
2007/06/05(火) 00:43:12 | インデックス投資、長期投資、積立投資など
管理人の承認後に表示されます
2009/02/18(水) 13:10:43 |
管理人の承認後に表示されます
2009/02/19(木) 21:46:08 |
管理人の承認後に表示されます
2009/02/20(金) 16:05:18 |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。